私たちのこだわり

国産の木を使った日本の風土にあった家づくり

木村木材産業は国産の木材を使用して家づくりをすることにこだわりを持っています。
もちろん国産の木材を使用して家つくりをするといいことがあります。

1、国産の木材は“ねばり”があり、丈夫な家をつくることができます。

国産の木材は硬く”ねばり”がある木材を使用しようしております。
”ねばり”があるということは形状状態に復元する力が強い為、丈夫です。

2、国産の木材は安心感があります。

国産の木材は輸入してきた木材よりも、高温多湿・寒暖差の激しい四季の移り変わりを知り尽くし、日本の気候風土に適した材質をもっています。またシロアリなどにも強く、し薬剤で防腐処理をする必要が少ないので安心です。

木村木材産業ではもうひとつのこだわりがあります。全ての建築材料仕入れを直接行ない、直営工事を行っていること。多能工的な職人を育て、無駄な費用を押えることに心がけていることです。そのこだわりが手の届く価格でできる家づくりを実現しています。