新世代木造工法 SE構法

SE構法とは

SE構法は構造計算を取り入れた設計を行い、独自のSE金物・高強度集成材を採用することで、強度な木造建築を実現。

高い構造強度は、体育館・木造大型建築など数多く採用されているほどです。

SE金物(接合金物)

構造用集成材とSE金物の耐力フレームが造る準ラーメン構造

構造を基本的にフレームを支える準ラーメン構造を実現したSE構法。一つのフレームユニットで最大8メートル×5メートルの大空間を造ることを可能にしました。

また高さは木造住宅では日本で初めて軒高12メートルまでの建築を認められた構造です。一般的の木造住宅は、軒高9メートルまでの高さに制限されているばかりでなく、ワンルームの大空間を取ろうとしても建築基準法で認められている一定の壁を入れなければならないので、空間が耐力壁によって遮られてしまいSE構法のような開放的な空間は実現できません。

 

断面欠損を最小にした、地震に強い接合システム

一般的な木造住宅は、接合部に柱や梁の断面欠損をまねき構造材本来の強度低下を起こしてしまいます。
SE構法は大きな揺れにしても接合部が破壊されてないテクノロジーを追求し、独自開発のSE金物を使用した断面欠損の少ない構造によって柱と梁を堅牢に接合し、優れた耐震性能を実現しています。

構造用集成材

SE構法は、強くて安定した品質、強度が測定可能でその強度が長く維持できる高品質集成材を採用。生産管理基準を満たした指定工場では、ひき板1枚1枚の強度テスト、含水率試験を繰り返し、その基準を満たしたものだけを厳選し集成材として生産しています。

こうした品質管理のもとで生産される構造用集成材は、強度が一定なので、構造計算できる材料として扱うことが可能となるのです。